大理石モザイク

建築家、香山壽夫氏が手掛けた「彩の国さいたま芸術劇場/1994年」。リニューアル工事に伴い、コンクリート壁面に意匠として大理石モザイクを使っていただきました。モザイクを使ってどのように見せるか大変難しいと思いますが建物に溶け込むが如く見事なデザイン。以前、ある著名な建築家の先生は「私はモザイクは絶対に使いません」と言われ、残念な思いをした事があります。また、昨年亡くなられてしまった鈴木エドワードさんは「青木さんのモザイク使ってみたいなぁ」と言われ再会を楽しみにしていたものです。皆様にとってモザイクはどんな印象のモノなのでしょうか?



3回の閲覧