彫刻家 ルカ・デッラ・ロッビアに魅せられて!

15世紀にイタリアで活躍したルカは「花の装飾レリーフ」で特に有名。彼の凄い功績はテラコッタに初めて釉薬を施し外装建材(特に窓枠)を開発したところにある。画像の通り、赤は未だ無いが、黄・白・緑・青の釉薬だけで見事に美しい絵付けをしている。そして彼の工房にこの花の装飾レリーフを求めて長蛇の列ができ、花の街フィレンツェが名実共にロッビア一族の手により"花"で満たされたそうです。こんな作品作ってみたいですね!

フィレンツェの彫刻家 ルカ・デッラ・ロッビア(Luca della Robbia, 1400年 - 1481年)



3回の閲覧